東京都豊島区をウェブでおさんぽ
豊島区を知りつくすメディア

【池袋駅】狭小店舗で混雑注意!生蕎麦とだし巻き玉子がしあわせ「浅野屋 池袋駅前本店」

【池袋駅】狭小店舗で混雑注意!生蕎麦とだし巻き玉子がしあわせ「浅野屋 池袋駅前本店」

そろそろ暑くなってきたし、冷たいお蕎麦が食べたくなる季節だよね。駅近くにお蕎麦屋さんないかな〜、と探したらこんなところにあったよ!池袋駅東口の徒歩1分にあるお蕎麦屋さん「浅野屋 池袋駅前本店」。超ナイスな立地なんだけど、知る人ぞ知るお蕎麦屋さんらしい。とってもレアな場所にあって、探そうと思わなきゃ見つからないような場所。

「浅野屋 池袋駅前本店」は、だし巻き玉子も有名だということをグルメサイトでチェックしたので、お蕎麦とだし巻き玉子を食べに行ってきたよ。今回は「浅野屋 池袋駅前本店」をご紹介します。

みんなのツイート

隠れた名店と言われている生蕎麦の「浅野屋 池袋駅前本店」

わかりにくい場所なので事前にチェキ!

【池袋駅】生蕎麦とだし巻き玉子がしあわせ「浅野屋 池袋駅前本店」のビル入口
【池袋駅】生蕎麦とだし巻き玉子がしあわせ「浅野屋 池袋駅前本店」の店入口
【池袋駅】生蕎麦とだし巻き玉子がしあわせ「浅野屋 池袋駅前本店」の店内

駅から近くて簡単だけど、こんなところにお蕎麦屋!?という場所だよ。池袋駅東口を出て西武池袋本店前の信号を渡ります。ドンキホーテとロッテリアの間のビルの地下1階に「浅野屋 池袋駅前本店」があります。

『FLCビル』と大きく書いてあるところに地下への入口があります。地下におりたら左に進むと「浅野屋 池袋駅前本店」があります。テナントの看板も小さいからちょっとわかりにくいよね。隠れ家的なお蕎麦やさん!

狭小店舗なのだけど、特に平日のランチタイムは大混雑みたい。今回は週末の遅めのランチタイムにうかがったので、すぐ入れたよ。ちょっと窮屈なテーブルだけど、昭和の香りがただよってる〜。BGMはジャジーだったよ。

メニューの数がすごい多いから大混乱すること間違いなし!

【池袋駅】生蕎麦とだし巻き玉子がしあわせ「浅野屋 池袋駅前本店」の当店のおすすめメニュー

何を頼もうか絶対迷うだろうと思う種類の豊富さ。テレビ番組の取材とか来るんじゃないかと思うくらい数が多いから覚悟が必要だね。

つまるところ、夜にお酒をのむお客さんも多いに楽しめるということ。昼も夜も賑わっているみたいだよ。

コシのある細い蕎麦がお好みの方に打ってつけ。

【池袋駅】生蕎麦とだし巻き玉子がしあわせ「浅野屋 池袋駅前本店」

今回注文したのは、大海老天せいろの蕎麦(1,700円)!いろいろメニューは見たものの、結局は天せいろにしがちだよね。そしてお蕎麦は大盛り(250円)。

【池袋駅】生蕎麦とだし巻き玉子がしあわせ「浅野屋 池袋駅前本店」のせいろ大盛り
【池袋駅】生蕎麦とだし巻き玉子がしあわせ「浅野屋 池袋駅前本店」の大海老天せいろの蕎麦

お蕎麦ってちょっと量が物足りないのがあるあるだと思うけど、「浅野屋 池袋駅前本店」は違うようで、大盛りにしてみたら本当の大盛りで、かなりの嬉しいボリューム。サラリーマンが多いのかな、世の中にはケチった量のお蕎麦屋さん(元来お蕎麦はそういうものなのだろうけど)も少なくないのに、この量はかなり嬉しいポイント。

肝心のお蕎麦は、とても細くてコシが強く、食べごたえのある逸品。ボリュームとはうらはらに、お上品な印象だよ。お蕎麦の香りも高いのだけど、おつゆがなかなか濃いめなので、ドボン禁止で食べたほうがベター。ドボンするとお蕎麦の香り皆無になっちゃうので。

海老好きたちも納得するだろう『大海老天』

【池袋駅】生蕎麦とだし巻き玉子がしあわせ「浅野屋 池袋駅前本店」の大海老天せいろの天ぷら
【池袋駅】生蕎麦とだし巻き玉子がしあわせ「浅野屋 池袋駅前本店」の大海老天せいろの大海老天
【池袋駅】生蕎麦とだし巻き玉子がしあわせ「浅野屋 池袋駅前本店」の天盛りせいろの天ぷら

大きさを伝えたいけど分かるかな〜。ふつうの海老天の倍くらいあるんじゃないかと思う大海老天。大きさ通り、身はブリンッとした弾力と歯ごたえで、お蕎麦同様に食べごたえがあって好印象。大満足なサイズと味の大海老天に、かなりテンションが上がったのだけど、ちょっと油の香りが独特で、せっかくの海老感を損なう風で残念だったかな。

写真みっつめは、天盛りの天ぷらだよ。こちらも同様、天ぷら油の独特な香りが邪魔しなければ、とってもジューシーで美味しい天ぷら!

シャバるくらいの出汁がグー!だし巻き玉子がお気に入り

【池袋駅】生蕎麦とだし巻き玉子がしあわせ「浅野屋 池袋駅前本店」のだし巻き玉子
【池袋駅】生蕎麦とだし巻き玉子がしあわせ「浅野屋 池袋駅前本店」のだし巻き玉子を一口

きっと「浅野屋 池袋駅前本店」の看板料理のひとつであるだろうだし巻き玉子(700円)を紹介しておきたいのだけど、大きくてフルフルで、シャバシャバなジューシーの出汁たっぷりで、かなりお気に入りになったよ。たまごと一体になれなかった出汁たちがあふれるあふれる。こんなに出汁を感じただし巻き玉子は初めての体験。

今回いただいただし巻き玉子は、プレーン。プレーンの他に、ねぎ、のり、青唐辛子、しらすの4種類の具入りだし巻き玉子(各750円)があったよ。

「浅野屋 池袋駅前本店」は鴨系のお料理が人気なのだとか。

【池袋駅】生蕎麦とだし巻き玉子がしあわせ「浅野屋 池袋駅前本店」の料理待ち

後になってから知ったのは、鴨つくねせいろなど、鴨系の蕎麦を食べるべきだったこと。お蕎麦屋さんへ行くと、すぐに天ぷらに食いついちゃうクセのせいで、「浅野屋 池袋駅前本店」が鴨系お蕎麦が人気ということを確認していなかったので、ちょっと失敗。もちろん天ぷらは美味しかったのだけど、『浅野屋は鴨でしょう』と言うグルメ通がいるくらいなので、鴨系は試したいところだよね。

ちなみに、今回の会計はランチふたりで入って約5,000円。大盛り代(2人前分)とだし巻き玉子を引くと4,000円弱。ややリッチだね。池袋駅1分の立地も価格に含まれるか〜と思ったけど、他店と比べてお蕎麦のボリュームがすごいので、妥当な価格な気がしてきたよ。

なお、「浅野屋」は池袋駅前の他に、東池袋駅近くの「生蕎麦 浅野屋 東池袋駅前ライズアリーナ店」と豊島区役所近くの「池袋 旬菜 浅野屋」の2店舗があるよ。そっちの店舗も行ってみたいな。

ウイルス感染症拡大防止に向けた国や自治体からの要請により、営業時間などが変更になっている場合がありますのでご注意ください。

スポット情報

浅野屋 池袋駅前本店

記事の内容や情報は、情報を収集した時点のものであり、その後変更されている場合があります。
掲載日をご確認のうえ、ご覧になる日の詳細は各店舗、団体、施設、機関へご確認ください。